読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が本当に面白いと思うこと

社会学とお笑いと日常生活

M-1グランプリ2016 感想(スーパーマラドーナまで)

お笑い

今年は最高に面白いM-1でしたね。色々思うことはあったのですが、見た直後のツイートとしてはこんな感じ。

さあ、そんなこんなで各ネタの感想を言おうかと思います。

1 アキナ「離婚」

アキナがM-1グランプリでこのネタをやることの価値については、以下の記事で書いた通りです。決勝でもがっつり受けてよかったですね。

ただ個人的には、予選の凄く面白いくだりだった子どもが上手いこと言うシリーズ、あれをもうちょっとたくさん聞きたかったかなあと。少し減らしてましたよね。若干秋山さんも山名さんも緊張が見えましたが、きちんと要所で大きな笑いが来ていました。

ネタとしては、オーソドックスな漫才コントに見えて、離婚の際の父子というシチュエーションに「子供が大人び過ぎている」というボケの方向性を決めるキャラ設定を一枚乗せているタイプのネタですね。サンドウィッチマンも「アルバイト」という設定の漫才コントに「外国人」というキャラを乗せたネタをやっていましたが、作りとしてはあれに近いのかなと。

オードリーがM1でブレイクした際、キャラ漫才はどやねんっていう論争が巻き起こったこと、僕は今でも覚えていますが、キャラ漫才とコント漫才が融合してくると、こういう種類のネタになるのかなあと。キャラクターに憑依しつつコントに入る、もしかしたら今後トレンドになるかもしれませんね。

 

2 カミナリ「川柳」

今年のダークホース枠、カミナリ。去年はメイプル超合金が鮮烈な全国デビューを飾りましたが、今年のカミナリもそれに続いたと言ってよいでしょう。カミナリの漫才については、事前に僕はこのようなツイートをしていました。

違和感をじわじわと浸透させたのちに、ガツンと強くツッコむ、という型ですよね。そういえば何かの記事で、同種の仕掛けをするエレファントジョンについて、『観客とボケとの間に共犯意識を持たせている漫才だ』と分析しているものを見て、なるほどその通りだと思った覚えがあります。

もちろん去年のジャルジャルの漫才にも、その種の「共犯意識」はきっと介在していて、もっとふざけてやろう、というボケ側に見る側が感情移入しつつ、「早くツッコんでくれよ」と楽しむような仕組みがあっただろうと。

そこでこのカミナリの漫才なのですが、これはもうそういった過去の発明から、さらに一段高いところにいるというか。溜めて溜めてツッコミというのは共通しているんですけど、カミナリの漫才の中でどこにボケが隠れているか、どこにツッコミどころがあるかについては、すでに観客とボケとの共犯関係はなく、全くの予想外のところからフレーズが飛び込んでくるわけで。

さらに言えば、そういったボケの仕込みというのはネタが始まった時点で既にスタートしていて、つまり今回のネタで言えば「社交的なじいちゃん」ですし、準々決勝のネタでいえば「アルファベットを電話で伝えるシチュエーション」だったり、三回戦のネタでいったら「そもそもが面白くない話」だったり、もうそういうところのロングパス的な伏線の張り方もしてくるという。今年一年、カミナリがいかに多彩な「ツッコミどころの配置」を開発してきたのかと思うと、とんでもない人たちだなあと思います。

あんまり伝わらない例えかもしれませんが、ボクシング漫画「はじめの一歩」の中では、「予想していないときに打たれる見えないパンチは絶対に食らってしまう」という法則があるんですが、それに近い感触です。予想していない死角からツッコミが飛び出してくる様、その痛快さったらない。

もちろん、殴られる側が痛いのは可哀そうだ、みたいな声があるのもわかるんですけど、一応本編の中だと「叩いてツッコむ」が定着した頃に「母親の愛情」という緩和したフレーズが入る、みたいなフォローがあるんですよね。いやあ、よくできてるなあ。

 

3 相席スタート「振ってまう球」

今回の決勝メンバーのうち、脚本賞というものがあるならカミナリ、相席スタートスーパーマラドーナの三つ巴だと思うんですよ。このネタはもうとにかく伏線から見せ方から作り込まれていて、もちろんそれゆえに手数が減ってしまうだとか、立ち上がりが遅いだとか、審査では好かれない要素だらけなのですが、一本の漫才としての満足度が非常に高いですよね。

ただ、今回の決勝のテイクでは、山添さんの「振ってまう」シーン、バットを振った瞬間に大きな笑いが起こってしまって、その直後の「振ってもうたー!」の爆発ポイントが曖昧になったのが残念だったかなあと。もうあのフレーズの爆発のためだけのネタですから、ちょっとそこがふわっと流れちゃったのはなあっていう。

今回のM-1でも前回のM-1でもそうですけど、客席が非常に軽くて、笑いどころの沸点が低いんですよね。ベタなボケでもドッカンドカン受けるし、ともすると笑いどころとして設定していないポイントでもドンと沸いたりする。そういう意味でいえば、客席の軽さ、大会の盛り上がりゆえに一番見せたい大ボケが霞んだような気もします。この辺は空気との兼ね合いなので難しいところですが。

でももう本当に、しゃべくり漫才とも漫才コントとも違う、より日常の与太話的な「こいつら何してんねん」感、本当に面白かったです。日常会話の中で、「これが野球だったとしたらツーアウト満塁でどうこう」とか「これが受験だったとしたら…」とか、そういうIfの話から、ふわっと妄想が飛躍して、話が盛り上がったりすることってあるじゃないですか。あの質感を漫才に完璧に落とし込んでるなあ、と。

日常会話のテンポ感、語彙を失わずに、ボケとツッコミではなく、アホとアホの与太話。それなのに、与太話が何らかの構成、フォーマットを作って行って、最終的には伏線がばっちり回収されていく。本来この手の漫才を得意としているのは、POISON GIRL BANDとか囲碁将棋とかだと思うんですけど、今回の相席スタートのネタはそういった系譜にきっちり乗っかりつつ、二人のキャラクターが乗った、まさに2016年の東京漫才を代表するネタなんだなあと。

下ネタだったり、ベースがあるあるネタだったり、手数が少なかったり、ボケとツッコミが明確に分かれていなかったり、減点要素は多いネタだとは思うのですが、とても面白かったです。

 

4 銀シャリドレミの歌」「雑学」

銀シャリはここ2年のM-1グランプリで明確に進化を見せつけた漫才師ですよね。明確にネタの作りにおいて変わったのは、「話の本筋を進めなくなった」ということですね。ちょっと変化にゾクゾクするものがあったので、今までの賞レース決勝の銀シャリのネタについて、「話題」と「笑いどころの配置」を振り返ります。

M-1グランプリ2010の「アルファベットの歌」やTHE MANZAI2011の「犬のおまわりさん」も、今回の決勝一本目と同じく替え歌をベースにした歌ネタではあるのですが、どちらも曲をどんどん前に進めていく方式だったんですよね。少し歌う、歌を止める、少し間違える、分厚いツッコミが入る、また歌を続ける、この手順のループ。

この方式だと、「歌」という誰もが知っているものを一本の線として引き、そこを基準にして逸脱を見せつけていく形になります。ですから、色々なフレーズ、ボケ、ツッコミのバリエーションを分かりやすい形で見せることができます。その一方で、天丼を入れ込むだとか、伏線を張るだとか、そういった種類の笑いは入れにくくなります。

「話題」を進めながら、それに沿った「笑いどころ」を並列的に配置していく形ですね。もちろん、彼らの最大の特徴である「橋本の長いツッコミ」はこの頃から出来上がっていて、些細なボケに対してこれでもかとツッコミを重ねて笑いをもぎ取る、部分部分の笑いの取り方は完成していました。それでも、この頃の銀シャリの漫才というのは、正直なところ賞レースでみると印象に残りにくいタイプの漫才でした。

その後、THE MANZAI2013では、話をばらまいていくタイプの「騒音」を披露しました。「話題」をあちこちに散らすのに、全てのボケが「寿司」関連に統一されていくアホらしさが光るネタです。こちらは、「話題」を散々ばらまいて進めながら、「笑いどころ」を統一していくスタイル。この方法だと、天丼や伏線の配置ができるようになり、漫才に縦方向の広がりが生まれます。お、今年の銀シャリはちょっと仕上がりが違うぞ、と思わせるものがありました。

これが去年のM-1一本目「料理のさしすせそ」になって、とうとう話題を進めない、という方法を取るようになるわけです。鰻さんなりの「さしすせそ」の提案と、「ソで味噌」を4分間ループしていく仕組み。こうなると、同じボケ・ツッコミをしつこく繰り返すことができるので、笑いが一気に重厚になります。しかし二本目では、再び話題を拡散していくタイプの「騒音」を披露して、ややウケ量も落ち、優勝を逃す結果になりました。

そして今年、今年は二本とも、話題が一切進まずにループしていき、同じボケが何度も何度も上塗りされていくという、まったく話が進まないタイプの漫才を揃えてきました。銀シャリの漫才の面白さとは「しつこさ」なんだ、ということがとにかく主張されるような二本でした。

「レ?」「語源ってそういうもんやから」などなど、天丼に継ぐ天丼という台本のしつこさ。「ファーはファーのファー」という一個のボケにそんなに長くツッコむかという、ツッコミ過ぎてボケ的になっていくしつこさ。話題も進まないでループしていく、笑いどころも進まないでループしていく、ローラー式に一つのところを行ったり来たりしてどんどん会場を巻き込んでいく。見た目と格好に騙されがちですが、銀シャリは進化を続ける最先端の漫才師なんだなと。何も古くない、何もベタじゃないです。面白かった。会場全体に完全に火をつけ、2010年の決勝でスリムクラブから受けたダメージを、図らずもやり返す形に。

 

5 スリムクラブ「登山」

スリムクラブが漫才師として鮮烈な全国デビューを果たしたのが2010年のM-1グランプリで。もちろんその前からエンタの神様フランチェンネタをやったり、ぼちぼちの露出はあったんですけど、彼らを漫才師として世間が扱うことはなかったわけで。その中で2010年、優勝した笑い飯をギリギリのところまで追いつめたのがスリムクラブの、狂気に満ちたスローな漫才だったわけです。

スリムクラブの漫才というと、そのワードセンス、狂気性、スローなテンポという3つの特徴があって。ワード自体には前回の決勝でもそうでしたが、どことなく暴力的な感じと、どことなく牧歌的な感じが共存していて、凄くこう民俗的というか、地方民話みたいな世界観があるような気がするんですね。

特に今年のスリムクラブのネタは、特にその地方民話みたいな部分を増幅させたような内容で。「天狗」「罰」「山」「村長」「おばあちゃん」など、随所に日本昔話的な要素が入っていて、本当に得体のしれない世界観を構築しているというか。ウケ量でみると正直芳しくなかったんですけど、それでも点がある程度ついたのは、そういう構築されたものの強度によるんだろうと、僕は受け取りました。

とにかくなんだかとんでもないものを見た気がしました。ネタとして分析するなら、真栄田に陽気な子どもっぽいキャラクターを乗せていただとか、内間のたっぷりと間を取るリアクションがあんまりハマっていなかったとか、恐らくはスリムクラブという芸人は会場の空気が重たい方が強いんじゃなかろうかとか、色々なことが言えそうなんですけど、そんなのどうでもいいくらい面白かったです。

まあ一つだけどうでもいいことを言うと、このネタにおける真栄田のボケ方というのは、フランス系の文化人類学とかでよくある「未開文明の思考様式とは何か?」みたいな研究に通ずるものがありました。要は、文字の読み書きができ、教育によって数学や科学の考え方を植え付けられている先進国の人たちと、そういったものに縁のない未開文明の人たちとでは思考の様式が違う、みたいな話です。

そういった研究でよくある議論として、「未開文明の人たちは全く異なる二つのものに因果関係を見出そうとする」みたいな主張があります。例えば、川に誰かがゴミを捨てて、その次の日に大雨で洪水が起こったら、「この洪水はあいつがゴミを捨てたから起こったんだ、たたりなんだ」みたいに考える感じです。

今回の真栄田のボケ方は、完全にそういった種類のものだったなあと。山で見かけた何でもない「登山客」を「天狗」と結び付けて、「天狗」と「お婆さんの異変」を結びつけて、「天狗様、許してください」となり、「お婆さん」と「車」が結びつき、「家系図」と「トーナメント」が結びつく。これってつまり、民族的な世界観の純度が非常に高かったっていうことだと思うんです。

(裏を返せば、ラスト3ボケくらいがハマらなかったのは、ボケ方が急に「フリを使って外す」「うまいこと言う」というような、従来の漫才的なボケだったため、質感が浮いてしまったからかもしれません。)

とにかく、この漫才の面白さが全く分からないという人がどれだけ多くいようと、この漫才に魅せられる人もまた沢山いるのだろうと思います。僕はものすごく笑いました。

 

6 ハライチ「RPG

去年からの連続で決勝に出場したハライチですが、同じく連続出場の銀シャリ、和牛、スーパーマラドーナが揃って最終決戦に残ったのに対して、今回も点数的には振るわず、という結果になってしまいました。昨年に引き続きノリボケ漫才は封印し、オーソドックスな漫才コント形式のネタです。

部分部分の笑いどころの作り方としては、岩井さんの不条理なワードボケに対して、澤部さんがテンパり気味にリアクションツッコミをするという形で、去年の「誘拐」に近いスタイル。ノリボケを封印したとはいえ、ノリボケ漫才の延長上にあるスタイルですよね。ハライチの漫才コントといえばこの形、と決めているのでしょう。

ただし、よくよく見ると去年の「誘拐」と今年の「RPG」では大きな違いもあります。まず、去年は電話越しに岩井さんと澤部さんが掛け合う形式でしたから、会話の中で二車線の笑いどころが生まれていました。一方で、今年はゲーム機とプレイヤーとに完全に役割を分断し、澤部さんから岩井さんに対して思い通りに意思疎通が為されないという、一車線の笑いどころに終始していました。

もちろん、ネタの設定上、岩井さんと澤部さんが掛け合うことはできないわけで、このネタを選ぶ以上、二車線の掛け合いを捨てざるを得ないことになります。昨今のお笑い賞レースでは、この「掛け合いを捨てる」ことにはかなりのリスクがあります。採点上、「掛け合いがない」ということが減点要素になりがちだからです。つまり、掛け合いがないことを補って有り余る利点があって、初めて掛け合いを捨てたネタを賞レースでかける価値が生まれるのです。

では、ハライチが今年掛け合いをわざわざ捨ててまで狙ったのは何か?それは恐らくは、同じ種類のボケが積み重なって、どんどんシチュエーションがシュールになっていくエスカレート感だったのだと思います。並列的に重ねていく小さなボケが、全体として大きな違和感へと変貌を遂げていく感じ。ゴールとなる、「召使の勇者勇者さわべがドロダヌキドロダヌキを連れて旅に出る絵」を目指して、ネタ全体が進行していく。

(そういった意味では、「二人がマリリンモンローに成り切って歌う絵」へと向かってネタ全体が進行していく、笑い飯の「ハッピーバースデー」にも近いような構成だったんじゃないかと。)

そして今回のハライチのネタの場合、完成させたい絵を作るためには、岩井さんと澤部さんが意思疎通したり、納得し合ったりするような場面があってはいけません。ゆえに、掛け合いがないことに必然性がありますよね。そういった意味では、明確な欠点がありつつもその必然性もあって、隙のない漫才ではあったはずなのですが、ウケと点数は伸びなかった。

考えられる理由としては、岩井-澤部の関係について、「ボケ-ツッコミ」ではなく「フリ-ボケ」の関係として認識している人が多いのかもしれないな、と。

結局は彼らの代表作、出世作である「ノリボケ漫才」は、見方がとても分かりやすいし、物凄くたくさんテレビなりYoutubeなりで消費されている漫才ですから、その「ノリボケ漫才」の見方を観客が過学習しているのはあるんじゃないかなと思うんです。その場合、ノリボケ漫才を見る時の『岩井さんはフリの一言を言う人、澤部さんはそれに応じてリアクションボケをする人』というマナーで、お客さんが今年や去年のような正統派な漫才コントを見ることになるわけです。

すると、岩井さんのセリフは「聞くべきだけど笑いどころではない」というように判断され、澤部さんのセリフは「なんとなく動き込みで見たら面白い」というふうに判断されることになります。しかし、今年および去年のハライチのネタは、岩井さんのセリフの時点で不条理さやブラックさ、違和感など「笑い」の構成要素が十分に入っている。そして、むしろ澤部さんのセリフは、全部が全部笑いに繋がるようにはできていない。

となると、「ノリボケ漫才」を見るマナーでハライチの漫才コントを見てしまうと、岩井さん・澤部さんのどちらもスベっているかのような状況になってしまうんじゃないかと。

去年・今年と、もっとウケてもいいのにと思う場面がそれなりにあったのですが、もしもその理由がそういうことならば、ハライチの一番の敵は自分たちの知名度だということになります。漫才コント式のネタを決勝で2年続け、2年ともいまひとつに終わったことで、ハライチへの期待値もある程度下がっています。これは笑い飯が期待値を下げ続けた2006-2008あたりの流れとも似ているように思うので、来年に期待。

 

7 スーパーマラドーナ「エレベーター」「侍」

僕は、事前にはここが優勝すると思ってました。昨年決勝進出を決めた田中一人芝居の型をブラッシュアップした形での決勝進出。出番順にも恵まれ、確実に優勝に一番近いところにいたコンビだと思います。

一本目のエレベーターは本当にものすごいネタでしたね。叙述トリックをここまで綺麗に反映させた漫才は見たことが有りません。折原一が作家についてんのかと思うほどのハイレベルな叙述トリックで、ラスト3ボケでそれまでの漫才のすべてがひっくり返る構成。いやあ、すげえもん見たなあと思いました。

結局この、田中一人芝居パターンの型は短所も長所もはっきりしていて、短所としては①「エピソード再現のための一人芝居という形を取っているために、導入のフリが長くなってしまう」②「ボケが一人芝居から出てこれないために、掛け合いが生まれない」で、長所としては①「エピソードは事実として語られるため、好き勝手大振りなボケを入れられる」②「武智の暴力的なツッコミが受け入れられやすい」③「掛け合いがないゆえに、田中の得体の知れなさが増幅していく」ということだと思うんです。

今回のネタは、この中でも長所の③を存分に生かしてきたというか、去年あれだけ見せつけた田中の得体の知れなさが振り切れて、そもそも田中じゃなかった、というところまで進化するという。なんちゅうテキストの強さなんだろうと感動しました。今までに見たどの漫才よりも鮮やかなオチ、鮮やかな構成でした。

ちなみに松本さんが審査の際に「しんどかった」と言ったのは、途中のボケのことだと思われます。特に、田中さんが「脱獄できそう」を上を向いて喋ったことであまりマイクが拾わなかった(あるいは「ダツゴク」というワードがスっと入るワードではなかった)ことで、そこからの件の4ボケくらいを取りこぼしていた部分のことかと思います。

特に、田中さんの演じる女性の「ちょっと、何してるんですか?」、武智さんの「何してんの?」というフリから「何もしていない」というスカシボケの部分は、空振りが目立ったところだったかなあと。こういうキャラクターありきのスカシボケは、「あの田中なら何かしてるだろう」というキャラクターが共有されている現場と、それのないテレビとでウケ方変わりそうだなあともしみじみ。

とはいえそういうところを差し引いても、最後の叙述トリックの3つの笑いどころ、あそこはもうお笑いの歴史に燦然と輝く3ボケですよ。アレを踏まえてもう一度頭からネタを見ると、さりげなく伏線「芝居に入る前に”田中”という名前の印象付け」「再現の芝居中に田中が名乗らない」やミスリード「176cm」が自然に散りばめられていて…。なんという計算高さかと。

にしても武智さんはネタの進行もツッコミもめちゃくちゃ上手いなあと。間をあけるところ、食い気味のところ、びっくりする演技を強めるところ、ドン引きするところ、適切な指さし、体の角度を変えてみたり、説明の分量を増やしたり減らしたり、オチへの伏線の強調もさりげなくしつつ、同時に何個仕事してんねんっていう。

二本目はだいぶ昔のネタですよね。ネタフリの時点でちょっと古めかしさを感じたような気もします。最近の漫才は、あそこまで正直に「俺~やりたいから、お前~やって」というフリ方をしませんし。

中身としても、ベタなボケを手数多くこなしていくタイプの、いかにも旧M-1時代チックなネタというか。確かに田中さんの配役が動いて状況の不条理さがエスカレートしていくところなど、ユニークな仕掛けもあって面白いんですけどね。僕はこのネタをもともと知っていたこともあって、スーマラが侍で2016年のM-1王者ってのはちょっと違うかな?みたいなノイズが入りました。

世の中ではNON STYLEっぽいっていう感想もあったそうですが、それは多分その旧M-1的なスタイルを捉えた感想だったのかなと。ノンスタが決勝に進出した2008、2009あたりって、本当にこういうネタをどこもやっていたようなイメージなので。最初その文言を見たときには、何がノンスタやねん頭おかしいんかと思いましたが、まあそういうネタの流行り廃りとか、手触りの問題なのかなと。

もっとも、予選のネタ選びを見るに、おそらくはスーパーマラドーナは直前でネタを変えたんだろうなとは思います。多分「恩師との再会」という、もう一本の田中一人芝居パターンをやる予定だったのではないかと。しかしそれを、会場の空気や出番順、受けやすいボケの雰囲気などを見て変えたのかなあと。結果的には、ちょっと前のネタをやったことで逆に新鮮さが出てハマった、という結果になりましたね。この辺の作戦は駆け引きですねえ。

惜しいところで今年の優勝は逃しましたが、来年は大本命の一組として出場することになります。一人二役パターンで来るのか、それともオーソドックスな漫才コントで来るのか、はたまた新機軸を出してくるのか。いちファンとして物凄く楽しみです。

 

Taiki Obonai 2014-