読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が本当に面白いと思うこと

6月3日に京都で一人コントライブします。よかったらどうぞ。

歌ネタ王決定戦2016 感想

たいへん遅ればせながら歌ネタ王決定戦2016の感想。書いてはいたんですが上げてなかったので。

キングオブコントかまいたちがかなり良いところまで行く予感がしたのでの更新となります。デスブログにだけはなりとうないです。 

 

1st ステージ 

1 トット「仏教アイドル」

ここが歌ネタ系の漫才で上がってきたということはボイスパーカッションするもんだと思っていたので肩透かし。歌ネタはウケ量もそうですが盛り上がりで評価される部分があるので、否応なく盛り上がるボイパは入れたほうが得だったのではないかと。

それから仏教要素をネタに入れるには、東にドドんという壁が。

 

2 シャンプーハット・こいで「許せない犬」

R-1に引き続き悪ふざけフリップ芸。こういうのが決勝に上がってくるのは大会のローカルな雰囲気ゆえでしょうか。気持ち悪いフリップと天丼のフレーズ。

 

3 かまいたち「受験」

ある一つの笑いどころを設定して、パターンをズラしながら展開していく、ここ最近よくあるコントのフォーマット。ただその中でもかまいたちは、ある程度緊張したシチュエーションを作って、そこに緩和したものを持ち込むネタが多く、ボケの質としては緊張→緩和のタイプ。ですので誰が見ても笑えるほっこりしたバカネタが多い。

(対して、巨匠あたりは緩和したシチュエーションに緊張感のある異物を持ち込んでくる、緩和→緊張タイプ)

また、かまいたちに関してはボケの配列が非常に丁寧な印象を持っています。突飛なものが出てくることもないし、予想の範囲に収まることもない。バカバカしいものが丁寧な配列で出てくるネタなので、このネタを面白くないと思う人はいないでしょう。高得点も納得です。

ただ、このネタに関しては設定の吸引力があるわけではなく、いつまでも見てられる安心感はあるけど賞レースっぽくはないなあとも。安心感の正体は設定の分かりやすさと、緊張→緩和のふり幅の小ささかなと思います。「替え歌で勉強する」という規範は、それ自体が勉強の仕方の中でも緩和したものですよね。

KOCのようなもう少し緊迫感のある舞台では、ホームルームとか警察署長みたいな、スリリングなネタの方が彼らの「緩和のバカバカしさ」が引き立つように思います。

それにしても、かまいたちってもう10年近くこの水準のネタを量産してるイメージなので、評価されるのが遅すぎるような気も。

 

4 まとばゆう「名作アニメ」

アニメに対する悪意強めの偏見をアニメソングのワンフレーズに乗せて歌うネタ。エンタの神様が今全盛期なら隔週で呼ばれそうなフォーマットの秀逸さ。アニメを象徴するものは主題歌で、そしてアニメ主題歌は概して印象的なワンフレーズを持っている。ここに目をつけたことが白眉。

国民的アニメ・国民的アニソンを引っ張ってくるわけですから、ネタのベースに共感が含まれ、誰でも否応なしに入り込めます。とにかくフォーマットが秀逸で、アニメ以外にもドラマ・映画・歌手・CMなどテーマを変えて5パターンくらい量産できそう。

ただしネタの進行やボケの配列、中身に関しては箇条書きになりすぎてたような。天丼に結構適してるフォーマットだと思うんですよ。例えばワンピースだけ3つ重ねるとか。

それと、音楽エリートで売るには歌が物足りないような。声飛んでたのか、わざと歌唱力を落としてるのか、もともと苦手なのか、なんでかは分からないけど芸風に不釣り合いに聞こえました。

 

5 ゆたかな真也は一の介「取り立て」

ここはもう場違いな安定感。とにかく導入の時間の使い方が上手い。バイきんぐの自動車教習所もそうですけど、ミスリードを使って設定を説明されるとやっぱり見る側としては「やられた」的な爽快感がありますよね。

 

6 チョコレートプラネット「見たことないやつ」

ベストのDVDに入ってるネタのアレンジ版ですよね。僕にとってはどのグッズも見たことある奴でした。それでもめちゃくちゃ面白かった。松尾の無駄遣いを笑うネタですね。めちゃくちゃ面白いんですけど、同時に評価されないのも分かるネタというか。

 

7 どぶろっく「言いたいことがある」

過去の自分たちというハードルを越えられなかったような感じがあったのかなと。十分面白いしいつまででも見ていられるんですけど、もっと強めの下ネタフレーズが出てこないと期待してる方向性での満足はできないんですよね。かといって、下ネタフレーズが出過ぎると期待が満たされる反面優勝からは遠ざかるという。ジレンマのような状態にあります。ただ、もう彼らは賞レースとは関係ないところにいるというか。「もしかしてだけど」「○○な女」「ふたつの思い」レベルの快作をまた聞かせてくれることでしょう。

 

8 2700「ツネ免許試験場」

キングオブコントに出場せず、こちらに絞ったとのこと。このネタも面白かったなあ。笑った量で言えば一番笑ったかもしれません。

「ツネ免許更新センター」という突飛な設定をまず提示して、ツネの身体的な認知と発言の対応を見せつけていく。その後は、ルールの提示・複雑化と、ツネの側のミスによって笑いを誘っていく、というネタですね。

このネタで一番興味を惹かれたところは「ファニティ」の発音です。

十島の発音する「ファニティ」は日本語式の発音なんですけど、ツネの発音する「ファニティ」は「ニ」が「ヌ」にも聞こえるタイプの濁り方をしていて、「ティ」の発音も口を横に大きく開いた不自然な音になっているんですね。「ファニティ」とはっきり発音せず、耳慣れない発音にすることによって、ツネの異物感が高まっているのです。

完全な余談ですが、この発音の感じはスラブ系の言語に近いと感じました。何となくオリエンタルな雰囲気のする西洋言語というか。

これだけ得体の知れない「ファニティ」があるのだから、「ダヨネー」がハマらなかったのも道理にも思えます。

 

9 ラニーノーズ「音楽性の違い」

ギターを持ってWボケの形式で歌い合う音楽漫才でしたね。音楽と笑いの融合度で言えばかなり高いのですが、ネタ自体としては王道というか、よく見るなあこういうの、というか。なまじ歌のクオリティが高いものですから、掛け合いのぎこちなさが悪目立ちしてしまっていたようにも思います。また、「思想が強い」というワードの第一人者である小藪の前で「思想」ボケをやるのもどうだろう、とも。

ただ、そういった気になる点を補ってあまりあるキャッチーさ、ポップさを感じました。ルックスも整っているし、チャンスがあればドカンと売れるかもしれませんね。

ところで、笑い飯が賞レースに参戦しなくなり、若手芸人から中堅芸人へクラスタチェンジして以降というもの、Wボケをネタに取り込む芸人が増えましたね。Wボケが笑い飯の専売特許から、お笑い界の参考文献にまでなったということなのでしょうか。それぞれ厳密には笑い飯とは異なる部分もありますが、囲碁将棋、ジャルジャル、プラスマイナス、ラフ次元、AマッソなんかもWボケの漫才をちょくちょくしていますね。

この手のWボケ漫才、近年はWボケのボケ方にそれぞれキャラクターを乗せるやり口が流行っているように思います。ラフ次元なんかは「英語で言いたがる奴vs変な奴」のWボケ漫才をやっていましたし、囲碁将棋も「副業をナメてる奴vs副業を置きに行き過ぎる奴」というWボケの漫才をやっていました。ラニーノーズの今回のネタも、このパターンに属するネタで、「かっこつけvs思想」という構図を取っています。

この手の対立するキャラクターのWボケネタは、それぞれのキャラクターが同じくらい魅力を持っていないと、一方が強くなりすぎてパワーバランスが崩れてしまいます。そうなると、お客さんから見て「聞きたいボケ」と「そんなに聞きたくないボケ」が交互に出てくるだけになってしまい、Wボケの利点であるボケのエスカレート感が損なわれてしまいます。

今回のネタに関していえば、「思想」の側のボケの方が質が高く、Wボケでありながら笑いの大部分は思想ターンだったように思います。これが釣り合ってくると、もっとワーっと盛り上がるようなWボケ漫才になるんじゃないかなと思いました。

 

最終ステージ

余談ですが、ファーストステージ、という言い方をしていたならばこっちもラストステージ、で統一してもらった方が個人的にはしっくりきます。

 

1 ラニーノーズ「ラップバトル」

優勝ネタと同点という高評価を受けたネタです。ラップバトルをモチーフにしたコントはこれまでにも数多くあり、マヂカルラブリージャルジャルなどいくつか正解も出ていますが、これはこれで別機軸。パフォーマンスとしての完成度はそれらをはるかに上回っていました。

ただ一方で、ちょっとリアリティないなあと思ったのは後半、帽子をたくさん取りに行く展開。ラップバトルするような場所の近くに、色んな国の帽子が山積みになってたりしないよなあと。烏帽子とか生で見たことないし。ちょっとそこで、ご都合主義的なものを感じ一瞬冷めました。そのあとの帽子を生かしたラップの変化ボケも、単体で見るとちょっとクオリティが三段くらい下がる感じだったので。

もちろん一番最後の、色んな帽子を交互に被らせるところは面白かったですし、ネタとしても山場ではあったので、そこへのフリとして見るなら必要とも思いますが、なんだかもやっとしました。テクニックと練習量が笑いに先行し過ぎていたような。

 

2 ゆたかな真也は一の介「バンド」

感想はほぼ1stステージと同じ。場違いな安心感がウケる理由でもあり、優勝できない理由でもあり、優勝しなくてもいい理由でもあり。

 

3 かまいたち「替え歌」

これは文句なしに面白かったですし、見せ方も丁寧でしたね。「替え歌をして楽しむ」という規範をまず提示して、「替え歌はしてるけど楽しくない」という規範からの逸脱ボケを連打していく、というなんにも理にかなった作り。緊張と緩和でいえば一本目とは逆に、替え歌という緩和しきった世界に、緊張したワードが入ってくる作りになっています。

山内の歌うなんだかいい歌の世界に入りつつも、「虹のドア」というワードでふっと現実に戻される感じも心地よいですし、現実に戻ると山内がヘラヘラしてるというギャップも面白かったです。

ネタが進行するにつれボケの逸脱が大きくなっていく感じも緻密でしたし、自分の替え歌で泣くところなんかはとにかく最高でしたね。二本通じて文句なしの優勝でした。

KOCもこの勢いでいくのでしょうか。

Taiki Obonai 2014-