僕が本当に面白いと思うこと

社会学専攻の京大院生の諸々

キングオブコント2016決勝予想

2回戦もまだですし、気は早いですけど決勝10組予想しておきます。
ちなみにカフカは僕の大学講師の仕事と被ってしまって出場できませんでした。
出場していたとしたら、たぶん1回戦で落ちて客のせいにしてたと思います。
正直M1は1回戦なら突破の可能性十分あると思うんですけど、こっちは難しい。
M1とKOCで難易度が全然違います。合格組数とか。(M1は半分くらい、KOCは10分の1くらい)
さて本題。 

決勝10組予想

さらば青春の光 (ザ・森東)5年連続5回目
天竺鼠     (よしもと)3年ぶり4回目
バンビーノ   (よしもと)3年連続3回目
ジグザグジギー (マセキ) 3年ぶり2回目
アンガールズ  (ワタナベ)初
ニューヨーク  (よしもと)初
かまいたち   (よしもと)初
和牛      (よしもと)初
GAG少年楽団 (よしもと)初
わらふぢなるお (グレープ・サンミュ)初

 

ひとこと

さらば青春の光
良くも悪くもM1の笑い飯状態になっていますが、それはつまり実力があり、かつまだまだ底が見えないということ。ハードルが下がっているのも追い風。

天竺鼠
「三振かホームランの芸風」なんて言われますが、キングオブコントでのウケ量でいえば「三塁打かホームラン」の印象。ここもまだまだ底が見えないので期待。

・バンビーノ
なんだかんだ仕上げてくる予感。感覚的な芸風にみえて、笑いどころの配列はかなり理屈っぽさを感じます。まだまだリズムコントの需要はあるかなと。

ジグザグジギー
前回の決勝では策士策に溺れるといった結果に終わったジグザグジギーですが、ネタのストックもありますし復活もありえるのではないかと。

アンガールズ
満を持して初登場。いいネタ持ってますしキャラクターが知られているのが強み。去年のロッチ一本目も中岡が知られていることの強みがありましたし、田中は芸風的に中岡以上にハマりそう。

・ニューヨーク
それなりに露出があり、芸風がなんとなく知れてきているのが強みになるかなと。ピースみたいな大ブレイクがあるとしたら今年かなあと。

かまいたち
軒並み大阪芸人が上京する中、関西から上がってくるならまずここなのかなあと。ストックはありますし、山内がハマれば無双状態になるかも。

・和牛
2012年の銀シャリ、去年の藤崎マーケットのように、普段漫才がメインのところから一組くらい上がってくるかなと。準決勝経験がある和牛、タイムマシーン、馬鹿よあたりが候補で、和牛は演技上手いので一枚上かなと。

・GAG少年楽団
そろそろ上がってほしいです。ただここは、堅実に天丼とリアクション芸でリズムをとりつつ、最後は超展開で押し切るという傾向が鬼ヶ島と被るので、鬼が万全なら潰し合いになるかも。

・わらふぢなるお
無名枠から来るならここなのかなと。気持ち悪くて陰湿なボケと、カラっとして気の利いたツッコミの組み合わせのコントって、最近意外と珍しいんじゃないかと思います。

 

キングオブコントの傾向

何となくキングオブコントの傾向として、「一度決勝で自分の芸風を見せ切った芸人は、よほどの上積みがないともう一度上げてもらえない」というものを感じます。

予選でどれだけ相対的にウケようが、「それ前のネタと同じじゃない?」と思われたら厳しい目で見られるというか。だから、実力が物凄くあるのはわかっていても、ジャルジャル・しずるあたりには厳しい審査になるんじゃないかと思います。

ジャルジャルキングオブコントは「おばはん」で完成しているし、しずるのキングオブコントは「Super Natural」で完成している。だからこそ、ジャルジャルは去年のロッチとほぼ同じ構成のお尻ネタで決勝に上がれなかったし、しずるもStrangerの年に上げてもらえなかったんじゃないかなあと。

過去の自分たちがハードルになるというか。

同様のことが、ウケてもウケても上げてもらえない時期のあったラバーガール、ザ・ギースあたりには言えるんじゃないかと思います。ラバーガールはクオリティでねじ伏せ、ギースはメタで跳躍しましたが。

だから、ジャルジャル・しずるあたりが上がってくるとしたら、他に比べて高いハードルを越えたときなんですよね。その場合は、二組とも優勝の可能性が高くなるとも思います。

この「過去の自分のハードル問題」が今回のしかかりそうなのは、ジャルジャル、しずる、かもめんたる、鬼ヶ島、ラバーガール、チョコレートプラネット、天竺鼠、2700、モンスターエンジン、犬の心、ロッチ、藤崎マーケットあたりでしょうか。

この中からなら、天竺鼠が一番突破の可能性が高いかなと思って決勝進出を予想しました。

 

他注目

スーパーマラドーナ、トンツカタン、フレンチぶる、ななまがり、空気階段、蛙亭、なにわスワンキーズ、マッハスピード豪速球

Taiki Obonai 2014-