読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が本当に面白いと思うこと

6月3日に京都で一人コントライブします。よかったらどうぞ。

R-1ぐらんぷり2016 感想(Aブロックまで)

Aブロック

1 エハラマサヒロ「音楽プロデューサー」
誰もが知っているはずの「ドラえもん」を知らないという体で、音楽プロデューサーがドラえもんの歌にツッコんでいく、というネタ。発想としてはダイアンのサンタクロースと近い部類。「知らない」という設定に、音楽プロデューサーとミュージシャンの会話が乗っかっていく。プロデューサーのウザい人柄を演じるのはエハラの十八番芸。どの要素を取ってもかなり面白かった。

特に、CD音源を繰り返すだけの「空」について、さも別の歌い方をしたかのように褒めるあたりなんて最高。音楽プロデューサーなる人物カテゴリの胡散臭さを完全に笑いに昇華してる。面あいつら本当に分かってんのか?って皆思うもんな。

勝てなかった理由の第一は、新鮮味なのかもしれない。あるいは、ネタの中に色々な要素が入り込んでしまって、3分の中だと見づらいということもあったかもしれない。芸達者かつ色々な笑いを盛り込める芸人だからこそ、ここ数年ずっと苦しめられている気がする。

 

2 小島よしお「よしお三兄弟のショートマリオネット~そんなの関係ない」
明確に前半・後半が分かれているネタ。前半は、左右に背格好の同じ人形を携えて3人いる体でショートコント。3人が存在することを印象付けるボケで展開していく。人を人として扱ったり、人を人として扱わなかったり、ショートコントのボケの作り方はナンセンス寄り。最初は出オチ的に客席がついてきたが、途中からは客席も引き気味に。もちろん、この部分は完全に後半へのフリになっている。

後半はいつものアレを三人でやる。飽きられたネタに絵面の面白さを足した形。こんなに気持ち悪い発想・絵面なのに、ネタにポップさが溢れているのは受け入れられているからなんだろうな。ポップな土壌を引いてから時事ネタを入れてくるあたりもギャップの付け方としては完璧。とにかく小島よしおは愛されていることが分かった。それがそのまま勝利につながったのでは。

 

3 シャンプーハットこいで「食物連鎖
フリップで食物連鎖を説明して行くネタ。フリップは食物連鎖の説明から、食物以外の連鎖にも発展していく。「食べています」のツカミからして異常性が物凄い。とにかくその後のフリップネタももサイコパス感満載。目のつけどころ、やってること全体としてとても気持ち悪い。何より絵面が気持ち悪い。笑いとしては凄くジメジメしているタイプの笑い。これを、ハイテンションともローテンションともつかない絶妙にわけのわからないテンションでやるのは怖いなあ。

ネタ全体としては、まあ確実に勝てるネタではないですよね。僕は物凄く好きですが、笑いながらも吐き気がするような感じ。そう考えると、唯一気持ち悪さのないボケであった「スッポンポン」の安村いじりの部分だけは、ネタから浮いていたような気がしました。ネタの気持ち悪い展開上、客席を掴みたかったのでしょうが、あんまりよく機能していなかったような。

 

4 サンシャイン池崎「絶対当たる心理テスト」
いつも通りの狂気的なテンションで展開していくネタ。主題などは関係なく、脈絡もなく、勢いで持って行くネタ、に見せかけて構成がしっかりしたネタ。とにかくナンセンスギャグの連打に次ぐ連打。「ニキビを腕でちぎってビキニにする」みたいな細部の動きは本当に気持ち悪い。

サンシャイン池崎のネタって、身体性を絡めたものが多くて、どことなくグロテスクなボケが多い。ハイテンションでそれをやるのも物凄い恐怖がある。そう考えたら鬼ヶ島に通ずる笑いなのだろうか?にしてもこういう笑いはキワモノであって、万人受けは厳しいだろうなあと、失速感を見るにつけても思いました。

 

Aブロック
エハラ以外はどこか狂気をはらんだ芸風。エハラも「脱法ハーブ」などブラックな要素あり。と、まあ、今年のR-1がどうやらイカれてそうだなあという幕開け。こいちゃんと池崎は後半失速していたため、必然的にエハラvsよしお。あとは評価ポイントがウケなのか、盛り上がりなのか、器用さなのか、ネタの構成なのか…というところ。僕ならエハラの用意した笑いの種類に3票入れたい。

Taiki Obonai 2014-