僕が本当に面白いと思うこと

社会学専攻の京大院生の諸々

M-1グランプリ2015感想

昨日行われたM-1グランプリですが、漫才番組として見るならば、めちゃくちゃ面白かったです。ただ、賞レースとして見るならば、ちょっと問題を感じるところもありました。以下、振り返って行きます。

①どこの組もウケた、勝者が複数いる賞レース

肝心の漫才の出来としては、ハライチを除けば、どこも構成に沿ってウケが尻上がりに伸びていて、理想的なウケ方をしていました。そういった意味では、勝者が複数いる大会だったともいえるでしょう。例えばメイプル超合金や馬鹿よ貴方は、スーパーマラドーナなど全国的に無名な組(今田の弁を借りるならば、ヤバい奴ら)も自分たちの面白さを十分提示できたでしょうし、銀シャリ、和牛、タイムマシーン3号など中堅どころもまた、レベルアップを示せたのではないでしょうか。

メイプル超合金と馬鹿よ貴方は、この二組はテレビで見ることも増えそうですね。

そして何より、テレビの人気者でありながら、アンチが多く、ともすればネタは面白くないという評価を受けていたジャルジャルが大爆発したこと、これは祝福すべきことですね。『シュールを盾に客から逃げるな』と言われても仕方ないスタンスだったジャルジャルが、客に歩み寄り、そして漫才と言うフォーマットに歩み寄ったネタをやって、自分たちの面白さを伝えることに成功した。

全国のアンチの皆さんも、今回ばかりは黙らされたはずです。今回のジャルジャルをつまらないとか、ジャルジャル高評価だからM1ヤラセだとか言う人は、さすがにアンチのフィルターをかけてるだけと言っていいでしょう。それだけ説得力ある出来でした。(ちなみに僕自身は、ジャルジャルはファンでもアンチでもなく、まあ、お笑い芸人だから好きだよーという程度です。)

②ウケたからこそ割れた審査

かなりの組がいい感じにウケた。審査が割れまくっていることがその証拠です。ここまで各審査員の好みが反映される大会を見るのは初めてです。最下位のハライチを除けば、全組が最終決戦圏内(3位以内)の評価を誰かしらから貰っていたということ。そして、圧倒的イチウケだったジャルジャルにしても、低得点をつける審査員が存在したということ。これらは過去のM1では全くもって有り得なかったことです。

そのぶん、チャンピオン審査員それぞれに、審査傾向が見えて面白かったですね。例えばノンスタ石田は手数重視、中川家礼二はアドリブ感・掛け合い重視、パンク佐藤は構成やワード重視など、それぞれに個性が見えました。トレエンやタイマのような身体系キャラ漫才を徳井が評価しないということも面白かった。確かにあの手の漫才は、どれだけウケても安直だと思う人は思うのでしょう。これは事前に予想できたことでもありますが。

僕は大会前に、ウケ量が同じくらいならば、減点要素の少ない銀シャリが上位に来るのではないかと予想していました。これは会場が重く、どこもウケなかった場合のことを予想してのことだったのですが、今回はその逆、どこもバンバンウケてそうなりましたね。

③敗者復活、有利過ぎない?

というように、素晴らしい大会ではあったのですが、大会としての公平性にはかなり欠ける部分があったように思います。敗者復活が有利過ぎる、後半出番が有利過ぎる、そういう感じ。番組構成としても、敗者復活が一番おもろいんやで!波乱あるんやで!を推し過ぎ。審査員席に富澤がいるということが、一つその雰囲気を助長していましたね。

もちろんトレンディエンジェルは相当面白いのですが、今回の結果はそれだけではなさそうです。たぶんこれ、ハライチ含め決勝進出者全組が、敗者復活に出て来ていたら最終決戦に進出できたでしょう。特にメイプル超合金や馬鹿よ貴方はなどは、インパクトも相まって優勝したんじゃないかとも思います。敗者復活芸人に対して、ネタの出来がどうあれ、絶対に無双してしまうような受け入れ態勢を感じてしまいました。自己紹介で怒涛のような拍手笑いが起こるというのは、さすがにどうかと思いますよ。

実際、トレンディエンジェルの決勝での出来は、そこまで良いものではなかったように思うのです。確かに笑いは出ているのですが、その笑いは天然のものと言うよりは、敗者復活で来ているという勢いに大分助けられたものだったと思います。もちろん、芸風的に勢いに乗りやすい漫才ですから、彼ら自身の実力ももちろん要因としてあるのですが、実際のところネタの導入とか、ちょくちょく怪しいところありましたからね。去年のTHE MANZAIの時の二本の方が、台本としても演技としても良かったんじゃないか、と僕は思いました。もっと良い状態を知っている、ということは賞レースにおいては何も結果とは関係ないのですがね。

総括として

というように、漫才そのものは面白かったのに、大会の構成としてはやや疑問の残るM1でした。面白い漫才をたくさん見れたことが何よりの収穫でした。各ネタについては別記事でまた感想を述べます。大会の総評としては、面白かった、審査の好みも面白かった、敗者復活が有利すぎて疑問を感じた、この三つだけです。

Taiki Obonai 2014-