読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が本当に面白いと思うこと

6月3日に京都で一人コントライブします。よかったらどうぞ。

僕は”炎上”だらけの世の中が嫌いだ

※ぜ ⇒ で

***

最近、”炎上”のハードルが低くなったなあ、と思います。京都の女子大生が世界一周の資金クラウドファンディングで集めようとした結果炎上した件については上のツイートです。

それは偽善だ、そんなことしても意味がない、遊んでるだけだろ、などなど。様々な批判が、女子大生には浴びせられました。ある程度僕もそれらの批判に共感したうえで、思うのです。

「偽善じゃだめなの?」

「意味がないことしちゃだめなの?」

「遊んじゃだめなの?」

***

他人を審判することは確かにある種の快楽を伴うのでしょう。自分が優位に立てる、いわば神の位置からの物言いなわけですから。僕は、件の女子大生を擁護する気はあまりありません。クラウドファンディングの計画も不十分ですし、最近よくある「意識高い系」と「自己啓発」が複雑に混じり合ったような、独特の気持ち悪さのあるスタンスでしたから。

ただし、僕は彼女が炎上したということについては、物凄く違和感を覚えます。

似たようなことしてる奴なんていっぱいいるんですよ。世界一周したいから金くれ、海外ボランティアしたいから金くれ、本を出したいから金くれ、枚挙にいとまもない。そんな中でね、わざわざ彼女が選ばれて炎上したわけでしょ?ネット炎上を引き起こす神様っていうのはね、随分身勝手でテキトーな神様なんですよ。自分がキライなものだけを、自分のことを一切棚に上げて叩きたいだけ。

***

***

なんでもかんでも叩けばいいってわけじゃないんです。そこには知性や観察や必然性が必要なんです。

例えば先日はスキマスイッチが、秋田でのライブMCの発言をもとに炎上しましたよね。本当にバカげています。ライブMCなんて、内輪のやり取りに過ぎません。むしろ、「テレビでは言えない過激話」みたいな話題をするところに意味がある場でしょう。

それがなんですか、MCの発言をもとに炎上ってのは。

確かにね、スキマスイッチ本人に配慮がなかったのは事実でしょうよ。でも、ライブMCまで断罪してしまったら、いよいよ自由な発言の場所なんてなくなっていきますよ。今の時代って、やれ安倍政権報道の自由ランキングで低いだとか、やれ真実を知るツールがないとか言ってる世の中じゃないですか。

でもね、社会のシステム以前に、お前ら自分で自分の首絞めたいだけじゃねえか、と。自分たちで、「私たちの憲法」を作って、違反者を叩きたいだけじゃねえか、と。

そんなね、自ら報道の自由とか言論の自由を規制しまくって、快楽のために炎上させたがる一般市民のあり方って、どう考えてもおかしいでしょ?ネットは匿名性が特徴だ、だから流行ったんだ、っていうのに、未だに消費する話題は実名なんですよ。有名人、一般人問わず。こんな不条理ないでしょう。

***

***

小保方批判もそうですし、佐村河内批判もそうですよ。お前ら理研の事情とか、作曲家の事情とか全然知らないだろ、と。

知らないくせに、「iPSはあった」「なかった」みたいなツイートをしてる連中もいれば、そういう世論調査もあるわけでしょ。狂ってますよ本当に。

***

***

これが僕の一番の主張です。この国の人たちは、総体として見たとき、大した倫理性を持っていません。少なくともあらゆる炎上騒動について、そこに倫理性はありません。あるのは神になることの快楽だけです。

”神々の祭り”としての炎上、そこに生きづらさを感じ取るだけの感性を失うな。匿名の暴力に与するな。違和感を感じ続けろ。そう自分に言い聞かせないと、飲み込まれてしまいそうな、ネットの言説空間よ。

Taiki Obonai 2014-