読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が本当に面白いと思うこと

6月3日に京都で一人コントライブします。よかったらどうぞ。

R-1ぐらんぷり 2015決勝進出者決定!!!

今年のR-1グランプリの決勝進出者が決定しました。

【Aブロック】
ゆりやんレトリィバァ
あばれる君
とにかく明るい安村
敗者復活

【Bブロック】
厚切りジェイソン
エハラマサヒロ
アジアン馬場園
敗者復活

【Cブロック】
NON STYLE石田
やまもとまさみ
じゅんいちダビットソン
敗者復活

***

一人一人について、コメントしていきましょう。

ゆりやんレトリィバァ細かい物まねが得意な、タイプ的にはなだき武や友近のようなタイプの芸人です。(その二人を並列することに他意はない。)ディティールの笑いなので、トップバッターだとキツい芸風かもわかりません。決勝進出者の中だと一番知名度が低いですし、そのぶんちょっと不利でしょう。どれだけ名を売れるか。

あばれる君。ポスト劇団ひとり的な芸風ですねえ。一人でコントを熱演します。スタイルは面白いのですけれど、スタイルの割にネタが強いイメージはないです。恐らく今年もやってることは同じなので、強いネタができたのか、はたまた芸人として脂が乗ったのか。名前の通り、大舞台で暴れて欲しいですね。

とにかく明るい安村。元アームストロング。恐らくここが最初の爆発どころとなるように思います。『全裸に見えるポーズ』ネタはあまりのくだらなさ、しょうもなさ、テンポの良さでお茶の間を爆笑させることでしょう。ブロック進出最有力でしょう。

厚切りジェイソン。年末の有吉番組でネタをやっており、そこから注目されているアメリカ人のピン芸人です。漢字についてのネタを、外国人ならではの視点で熱演します。迫力あるストロングスタイル、じゅうぶん爆発の可能性があります。

エハラマサヒロ。準決勝で何をやったのかは知りませんが、客席を盛り上げることにかけては強みがあります。安定したネタを披露するでしょう。前の厚切りジェイソンが大味なパワー型なら、エハラは小技が光るテクニック型。ここも進出可能性があります。

アジアン馬場園。M1決勝進出経験もあり、実力は折り紙つき。その際にやっていたネタが早口言葉のネタということもあって、話の上手い人というイメージがあります。スーパーのレジ打ちネタをやるのでしょうが、決勝のステージであのネタがどこまで映えるか。後ろが豪華過ぎてハネないパターン(ミヤシタガク我人祥太友近など)もあれば、後ろが豪華だからこそハネるパターン(なだき武やCOWCOW多田など)もあります。どちらに転ぶか。

NON STYLE石田。M1優勝1回、3位1回、THE MANZAI3位という漫才においては絶対的な実績を持つノンスタの頭脳、石田が決勝進出。実績が示す通り、芸達者かつ賞レース的な戦略に強い芸人です。どんな手法を取るのか、どうやって笑かしてくるのか、ここは非常に楽しみ。二本みたいですね。

やまもとまさみ。昨年は「取り調べ(うまく言葉が出て来ない)」「飲食店(バイトが暴走する)」の二本を揃えて優勝したコント芸人です。特徴は、強い設定一本で通すネタが多いことと、動きのダイナミックさが武器であること。一人コントにおいては、演者が一人という制約上、会話による笑いは作ることができません。その点を、やまもとまさみは設定の強さと動きによってカバーしています。今回のネタもそういうネタ。ここも凄く楽しみ。二本みたいです。

じゅんいちダビットソン。昨年も決勝進出していましたね。サッカー日本代表本田の物まねで一躍有名になったピン芸人です。今年も本田漫談で勝負してきます。ちなみに個人的にはテキサスネタも好きですよっと。ここはねえ、ギャップの笑いであって、凄く大きなフリをして、小さいボケで潜り抜けて、その落差で笑わせるっていう、手法としては千鳥とか笑い飯的な、つまり僕好みな芸風なんですよね。出番が終盤ってのは強みだと思います。

***

大会のシステム上特筆すべきは、各ブロックのトリを務める敗者復活でしょう。ここで勢いのある芸人があがってくると、全部かっさらってしまうこともあるでしょう。

特に個人的には、歌ネタに定評のあるGOOD BOY(アイロンヘッド辻井)、毎回優勝候補に挙げられながらも惜敗し続ける言葉遊びの達人ヒューマン中村、マセキの隠し玉ルシファー吉岡、毒舌極まる田上よしえ、THE MANZAI2014準優勝のトレンディエンジェル斎藤、まさかの下ネタニッチェ近藤、このあたりにはかなり期待しております。

M-1キングオブコントTHE MANZAIなどと比較すると低調になりがちな本大会。特に近年はそれが目立っています。が、同時に、この大会はバカリズム博多華丸を全国区でブレイクさせた功績があります。このほか、なだぎ武あべこうじ中山功太らの才能を全国区で知らしめたのも本大会ですし、スギちゃんやAMEMIYAなどバラエティで使いやすいキャラクターをプレゼンしたのも本大会です。そうしたニューヒーローがまた生まれるのでは、と期待しております。

Taiki Obonai 2014-