僕が本当に面白いと思うこと だったもの

筆者はカフカという名義で芸人活動を始めました 大抵はそれ以前の記事です

現在はTwitterや他サービスに移動しております。 Twitter@twobonaiまで移動ください

お笑い

キングオブコント2015 今回の見どころ

明日10/11には、コント日本一を決める大会、キングオブコント2015が開催されます。まずは事前記事として、今回の見どころをいくつかまとめておきます。 *** (後日追記) 大会が終わったので物凄く辛辣な感想記事を書きました。 各ネタ感想も書いております…

「笑けずり」感想①抜群のリアリティ ~過酷なシステム、個性豊かで愛らしい芸人たち~

【笑けずり 概要】 NHK BSプレミアムで8~9月期、無名漫才師9組が共同生活をしながら互いに漫才で競い合い、優勝者を決めるという「笑けずり」なる番組が放送されていました。編集の雰囲気的には、芸人同棲とかテラスハウス、昔の番組でいえばガチン…

笑いのモラル、倫理、どこまで笑いにしてよいのか、についての連続ツイートまとめ

昨日大学で何人か友人とコントを見ていて、「セーフかアウトか」っていう話がちょっと出た。表現として、どこまで差別的なものとか、特定の人を笑いものにするものが許されるかどうか、というものだ。— t.obonai@しらす (@twobonai) 2015, 7月 10 結局、笑…

ピン芸の何が難しいのか

R-1決勝進出者の発表を受けて書いたのが以下の記事。 <a href="http://heshiotanishi.hatenablog.jp/entry/2015/02/02/141751" data-mce-href="http://heshiotanishi.hatenablog.jp/entry/2015/02/02/141751">R-1ぐらんぷり 2015決勝進出者決定!!! - 僕が本当に面白いと思うこと</a> これに補足して、ピン芸日本一を決めるR-1の難しさについて述べておきたいと思います。 例えばM-1、THE MANZAIといった漫才の大会は…

R-1ぐらんぷり 2015決勝進出者決定!!!

今年のR-1グランプリの決勝進出者が決定しました。 【Aブロック】ゆりやんレトリィバァあばれる君とにかく明るい安村敗者復活 【Bブロック】厚切りジェイソンエハラマサヒロアジアン馬場園敗者復活 【Cブロック】NON STYLE石田やまもとまさみじゅんいちダ…

ネタ見せ番組が減ったことで、視聴者のお笑いを見る力が衰えた。

僕はお笑いが好きです。このブログも、少し堅い文章を書くこともありますが、一定の割合はお笑いに関する記事です。今日は、最近僕が感じているお笑い界の衰退の気配、その理由などについて、記事にしてみようと思います。 結論から言えば、「ネタ見せ番組が…

ネクストブレイク芸人の紹介~漫才編~

試験勉強の合間に、ネクストブレイク候補の芸人たちを紹介していきます。ブレイク候補度に応じて、東西それぞれ、金・銀・銅とランク付けしてあります! 金は「もうブレイク仕掛けている!あと少しで大ブレイク!」銀は「いぶし銀!実力は抜群、あとはきっか…

THE MANZAI 2014感想

THE MANZAI2014を観たので感想です。 *****************◎大会最高顧問・ビートたけし ◎司会・岡村隆史(ナインティナイン)・矢部浩之(ナインティナイン)・高島彩・佐野瑞樹 ◎審査員・西川きよし・志村けん・テリー伊藤・オール巨人・春風亭小朝・大竹まこ…

THE MANZAI決勝進出者決定&本番の予想

THE MANZAI決勝進出者が発表されました!!! 決勝進出決定組1位 学天即 2位 囲碁将棋 3位 馬鹿よ貴方は 4位 磁石 5位 ダイアン 6位 博多華丸・大吉 7位 アキナ8位 和牛 9位 エレファントジョン 10位 2丁拳銃 11位 トレンディエンジェル ワイ…

漫才を類型化する⑤「ショートコント型漫才」

漫才の類型化について、ここまでは特に「しゃべくり漫才」とされる、演者が役に入らない型式の漫才について語ってきました。しかし、漫才には他方、役に入りコントを演じる、「コント漫才」と言われる型式があります。今回は、話の進行に合わせてコントに入…

漫才を類型化する④「キャラ設定型漫才」

漫才というのはマイクの前で行う話芸です。そのうち、例えば店員と客、先輩と後輩といったような「役」に入って行うものをコント漫才、役に入らないまま、本人として行う漫才をしゃべくり漫才というように分類します。 しゃべくり漫才は「役」に入らない漫才…

漫才を類型化する③「喧嘩型漫才」

一部に好評なので続けたい漫才類型化シリーズ。過去記事では以下、大喜利型漫才とプレゼン型漫才という二つの「型」を提示しました。 漫才を類型化する①「大喜利型漫才」 - 僕が本当に面白いと思うこと 漫才を類型化する②「プレゼン型漫才」 - 僕が本当に面…

漫才を類型化する②「プレゼン型漫才」

前回、『大喜利型漫才』についての記事を書いたところ、『好き』と言ってくれる人がいたので、せっかくなので第二弾。今回は、『プレゼン型漫才』について、秀逸な漫才師・名作漫才を紹介しながら解説していきます。 『プレゼン型漫才』というのは、ボケまた…

キングオブコント2014感想・総評

キングオブコント2014が終わりました。今年も本当に素晴らしい大会で、珠玉のネタをたくさん見る事が出来て良かったです。正直ね、テレビとしてやるのはどうなんだろうっていうメンツ、ネタのジャンルではあったんですけど、圧倒的なクオリティ・作品性…

漫才を類型化する①「大喜利型漫才」

僕はお笑いクラスタである。僕のことを知る人なら、僕がかなり重度の漫才ジャンキーであることは周知であろう。せっかくなので、お笑いオタアピールをしたい。漫才をおおざっぱに類型化し、それぞれのタイプ別に面白いネタを紹介する記事を作ってみることに…

Taiki Obonai 2014-