読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が本当に面白いと思うこと

社会学とお笑いと日常生活

新しいブログを作りました(移転ではありません)

heshiotanishi.hatenablog.com こんなブログをはじめました。移転ではないので、こちらも更新は継続します。「寓話に似ている」の方は、より日常的な記事を更新していくつもりです。外向きの僕と、内向きの僕で使い分けようかなという感じです。よかったらそ…

カフカのコントおすすめ3選

けっこうカフカのYouTubeチャンネルの動画が増えてきたので、おすすめ3選をチョイスしてみました。よかったらどうぞご覧ください。 ①コント「昆虫採集記」 たびたび指摘されるのですが、小説家フランツ・カフカの代表作「変身」のオマージュです。 カフカの…

SENSE KYOTOさんに「京大芸人」として取材していただきました。

先日、SENSE KYOTOさんに「京大芸人」として取材していただきました。僕は別に自分のことを芸人だとは思っていないし、これまで自分で名乗ったこともないのですが、これにて「他称芸人」となりました。 もっと言えば、お笑いをするときに「京大生」であるこ…

単独ライブの大ラス問題

今まで、僕はコンビで4回、ピンで1回の単独ライブをしました。毎回、2時間尺で10-13本程度のネタをやっており、それらのネタは1から10まで全て僕が書いています。 そして毎回困るのが、単独ライブの一番最後をどうやってシメるか、という問題なの…

「ハルカトミユキ」という女性デュオが好きです

「ハルカトミユキ」 「ハルカトミユキ」は、立教大学の軽音出身(だと僕は記憶している)で、今いくつくらいなんだろう、20代中盤くらいなのかな、僕が24なんですけど、僕より少し上くらいの世代のミュージシャンです。ボーカルとギターのハルカさん、キ…

最近考えたことまとめ(メディア、トンデモ算数、奨学金関連の上西議員の発言、学校、京大思修館、多元的現実、知、反差別と平等化のジレンマ)

メディアと情報の消費について テレビやラジオは比較的一回性が強く、時間軸的な前後関係のあるストーリー型のメディア。一方で、インターネットはデータベース的で、情報が一度蓄積されてしまえば時間軸は関係なくなる、前後関係のない並列型のメディア。— …

考えたことまとめ(ルイ・イカール美術館、努力至上主義、フィクションと現実、東大の女学生支援、古市叩き、everfilter、時間と空間、キャリア教育、再び努力至上主義)

ルイ・イカール美術館がとてもよかった ルイ・イカール美術館来訪。とんでもないもん見たなあ感。これこそがコケットリーだわ。生涯を「女性なるもの」への執着に費やした人間がいたということと、その追求の確かさ、度肝二枚抜きされたのでまた来ます。これ…

考えたことまとめ(「いじり批判」批判、社会問題を考えるセンス、夢教育、地理が好き、文化としての科学、「誰にでもわかるように説明」なんてクソだ、受験歴社会・塾歴社会、日常会話と政治)

「いじり」に関連する世の言説について思うこと 「いじり」は人を傷つけたり貶めたりするからダメ、とはいうけど、人を傷つけるものは「いじり」の範囲から出ちゃう。極端なものを取り出して否定してるだけじゃ「いじり」をしてる人たちに響かない。— t.obon…

去年やった漫才の動画です

カフカの漫才「縛りプレイ」 よかったらご覧下さい。

1月22日に大阪でコントライブします

実はコントライブツアー中です。東京に行ってきました。そちらの感想はのちほどブログに投稿しようと思います。次、1月の22日に大阪でコントライブします。11本、みっちりコントします。 面白いことをしようとしている自信はあります。よろしかったらどうぞ…

ライブツアーのポスター完成。

めっちゃ可愛い。

コント「家庭教師」

チーズケーキ、すごく美味しかったです。ありがとうございます、お母さん。そしたら、そろそろ授業始めますね。お母さんは、リビングに?はい、わかりました。 ● お母さんがリビングに出ていくのを目で見送る それじゃ、けいすけくん、始めようか。前回宿題…

☆今後のライブ予定

☆今後のライブ予定について 一人コントライブ「冬のスクール水着」 12/17 京都 19:00~@京都市下京区青少年活動センター ・珍しく僕がピンでやります。・一人コントを10本やります。・サイコホラー要素を弱めて日常系のテンションでやります。・カフカ納めに…

漫才とコントの区別について

漫才とコントはどう違うの? 漫才とコントはどう違うか?というのは物凄く頻繁に語られる話です。同時に、物凄くでたらめに語られる話です。一般には、マイクの前で行う立ち話が漫才であり、役柄に入って演じるものがコントだと言います。 この他のあまり一…

M-1グランプリ 敗者復活 手元の採点メモ

とりあえず今年のM-1敗者復活は、視聴者投票3票のために、手元でメモを取り採点しながらみました。そのメモを一応残しておこうと思います。 ①アインシュタイン「ドライブ」ツカミ長め、一番手の役割果たす基準点85 ②東京ダイナマイト「通販」明日も使う 5…

1月6日に東京でライブします

東京でコントライブします。おいでやす。 【ライブ告知】カフカコントライブツアー『藍色の彼女』東京公演1月6日(金)下北沢シアターミネルヴァ開場18時30分開演19時終演21時前売・当日1500円 演目 1 藍色の彼女 2 見ている 3 大家さん 4 か…

M-1グランプリ2016 感想(スーパーマラドーナまで)

今年は最高に面白いM-1でしたね。色々思うことはあったのですが、見た直後のツイートとしてはこんな感じ。 最終三組が銀シャリ、和牛、スーパーマラドーナという去年からの連続出場組。つまりこれはあれだね、去年のチャンピオン審査のM-1を、大御所審査でや…

M-1グランプリ2016一番手「アキナ」について

今年のM-1グランプリのトップバッターはアキナというコンビです。ちょっと思うところがあるので記事にします。 アキナについてはテンプレで語られる話ですけど、一応なぞっておきます。 アキナの二人は、もともとは現ジュリエッタの藤本を加えたトリオ「ソー…

12月17日、京都にて一人コントライブをします。

よかったらお越しください! kafka2016.mail@gmail.com にてチケットお取り置き受け付けております!

カフカ第四回単独ライブ「黒いカフカ 武器だるま作ろう」

ライブシアターなんば紅鶴でライブをしてきました。 最近は自分のネタであれ、誰かのネタであれ、お笑いネタに感想を書くことにあまり気が進まなくなってきたのですが、一応簡潔に。 ●各ネタ感想 1 コント ノーザンテリトリー 今井ボケ。毎回のことながら、…

「意識高い系」をもう一度考えてみた

「意識高い系」バッシング 私たちの周りに「意識高い系」という言葉が溢れ出したのは、いつからだろう。 起業する奴は意識高い系、政治を語る奴は意識高い系、勉強する奴は意識高い系、ボランティア活動する奴は意識高い系、云々。当初その言葉を聞いた際に…

キングオブコント2016 各ネタ感想(ジグザグジギーまで)

①しずる「突入」443点 「シナリオ」「能力者」「卓球」など、これまでにもKOCで数々の名作を残してきたしずる。その彼らのレパートリーの中でも、この「突入」は出色の出来だったのではないかと思います。系統としては彼らが初めてKOC決勝に進出し…

キングオブコント2016の直後感想

① 全体として 昨年に比べると、「キングオブコントを見た」という感じがいくばくか戻ってきた。もしかしたら、ただ僕が新生キングオブコントに慣れただけなのかもしれない。 ネタ中に審査員の顔を抜くのはウンコ演出だと今でも信じて疑わないし、客のリアク…

歌ネタ王決定戦2016 感想

たいへん遅ればせながら歌ネタ王決定戦2016の感想。書いてはいたんですが上げてなかったので。 キングオブコントでかまいたちがかなり良いところまで行く予感がしたのでの更新となります。デスブログにだけはなりとうないです。 1st ステージ 1 トット…

一乗寺エリアのラーメン店をマトリックスに整理した

僕が住んでいるのは京都市左京区の一乗寺という地域にほど近いエリアで、京都大学から北に徒歩15分ほど行ったところです。このエリアは関西有数のラーメン激戦区として知られており、数多くの有名店がひしめき合っています。 せっかく5年間毎日のように食べ…

本質と構築

本質と構築の対立 社会学において、長らく、本質主義と構築主義は対立し続けねばならないものであるように扱われている。どちらがより世界と人間との関係を正しく捉えているかについて、いまだ決着を見ない論争が続いている。僕は、本質主義にも、構築主義に…

考えたことまとめ(学力層と勉強への価値観、ツイッター語、還元的な物言い、中学の思い出、「自然派ママ」関連、フォーラムで講演した感想、敵を選ぶセンス、数学を学ぶ意義、女子高生の化粧反省文、社会学者の炎上)

学力層と勉強への価値観 高偏差値の学校に行くことの弊害は、「勉強しないことをバカにする風潮」が強すぎることに尽きると思う。僕の場合、出身中学は平均偏差値ほぼ50、高校は60ちょっと、大学は70くらいの学校を出て現在大学院生だけど、進学するた…

8月22日カフカ単独ライブ「赤いカフカ 蘇る五感」

丸一か月経ちますが、自分がしたライブの感想メモです。 事務所なり落研なりサークルなりには所属せず、勝手にお笑いライブをしています。 ● 総じて ・会場は初めてのライブシアターなんば白鯨。ちょうどよい広さ。 ・秋田から来たお客さんがいた。コアだ。 …

二元論と三元豚

三元豚とは、三種類の豚の品種を掛け合わせた豚のことである。 世の中には、三元豚が好きな人と、三元豚が嫌いな人しかいない。(二元論) 分析的な思考によって対象を理解しようと試みるならば、僕たちは常に二元論的な思考方法に依拠することになる。何か…

8月21日バトルライブの感想と反省

8/21@大阪梅田 カフカ名義、カフカ小保内名義の二種類で出場。 大学生のお笑いバトルライブでした。審査員得点はカフカ1位、カフカ小保内2位。ところがお客さん投票が全然もらえず負けました。僕はもっと愛されたいです。でもアフタートークで「投票…

終わりなき日常を考えながら作業して生きろ

論文執筆の作業 論文執筆という作業は、世間的なイメージにもまして作業感が強い。文献の著者や年度をまとめていく単純作業、調べたいワードを抽出して文献を読んでいく単純作業、目次作成や文章校正などの単純作業。この作業には終わりなどないのではないか…

キングオブコント2016決勝予想

2回戦もまだですし、気は早いですけど決勝10組予想しておきます。ちなみにカフカは僕の大学講師の仕事と被ってしまって出場できませんでした。出場していたとしたら、たぶん1回戦で落ちて客のせいにしてたと思います。正直M1は1回戦なら突破の可能性十…

なぜオタクっぽい喋り方を聞くと胸のあたりがウッとなるのか

胸のあたりがウッとなる感じ 深夜アニメや漫画、同人誌などのオタクコンテンツが市民権を得て10年ほどでしょうか。今や、コミュニティの中でリア充と分類される人さえも、オタクコンテンツにアクセスする時代になりました。ボカロを聞くことは恥ずかしいこと…

最近考えたことまとめ(ポケモンGO、文学の教養、教養主義、教育問題の認識、集中講義の感想)

ポケモンGOについて考えたこと ここ10年くらい、アニメやゲームのロケ地や元ネタの街をめぐる「聖地巡礼」の功罪が語られてきた。確かに町おこしにはなるけれど、仮想空間の異物が入り込んでくる違和感もある、と。ポケモンGOはそのもう二歩先、神社や寺な…

学術研究とお笑いは似ている -院生が何回かお笑いライブをしてみて思った

ぼくは現在、大学院生として社会学の研究をすることと、芸人としてライブ活動することの実質二足の草鞋を履いている格好にある。 学術研究も、ネタ作りも、やり口は似ている。どちらも、自分のオリジナリティを、なるべくシャープに、なるべく体系立てて、な…

最近考えたことまとめ(勉強の実用性、家庭教師と性別、社会問題の解決に取り組む姿勢、J-POPの一人称、勉強の実用性再び)

勉強の実用性について 「勉強なんかしなくたって大丈夫」って言ってる層の中には、分数とか小数の使い方なり、衆議院参議院の存在なりさえも知らないレベルの人がいる、これマジで— t.obonai (@twobonai) July 13, 2016 「勉強なんて実生活に役立たなくても…

ABCお笑いグランプリ感想ツイートまとめ

ABCお笑いグランプリ決勝予想本命 さらば青春の光対抗 ニューヨーク単穴 インディアンス— 小保内カフカ (@twobonai) 2016年7月18日 ABCお笑いグランプリはM1やKOCの前哨戦になるのみならず、単体の賞レースとして見ても雰囲気がよいので好き。楽…

教養とは概念的語彙のことである

「教養を説明できないコンプ」 僕はそれなりに読書をする。専門書も新書も小説も読むし、洋書も読めなくはない。詩や写真集を読むこともある。そんな風に色々と読書をしていると、本を読んでいるなら答えてくれよ、教養ってなんなんだ、とたまに問われる。そ…

最近のツイートまとめ(尊敬、選挙、正義強い系、学生スポーツ、学びの到達をどこで測定するか)

尊敬 初対面の人とかよく知らない人について、そいつが誰を尊敬してるか・そいつが誰を見下してるかの二点を知ることで、なんかそいつの人間としての位置づけが相対的に分かっちゃうときあるよな。あれすげえ便利だよな。だから就活とかで尊敬する人聞くんだ…

メモ:違い(difference)と違い(divesity)の違い

<個人的メモ> differenceというときには、例えばうどん粉とそば粉のような、類似するもの(ここでは製麺のための材料となる穀物の粉末であるという点で類似)を何らかのカテゴリにおいて比較するような意味が含まれます。 他にも、アメリカと中国の違い(…

「多様性」の前提となるべき「多態性」について

「多様性」への違和感 多様性が大事だという言説は、既に言説ではないといっていいでしょう。特定の誰かが考えている意見ではなくて、一つの社会的常識と化しているといっていいほどに広まっているのですから。 92年生まれの僕は、小学生のころから多様性…

7/2 カフカ単独ライブ「白いカフカ 軽率24時」の振り返り

僕のやってるお笑いコンビの単独ライブの振り返り記事です。 7/2 第二回単独ライブ「白いカフカ 軽率24時」 ​ @北野ハッピーローラ ¥1000 ​ 1 コント 居酒屋① 今回のオープニングコント。登場人物の紹介、設定の紹介をするためのネタ。 今回の主人公であ…

社会的構成の中を泳ぐ

現実の社会的構成 大学の学部を卒業する際、卒業論文で扱ったのはピーター・バーガーの社会学でした。彼の主著「現実の社会的構成」(トマス・ルックマンとの共著です)では、「人間が社会を構成し、社会が人間を構成する」「人間と社会の媒介物は知識である…

最近のツイートまとめ(使える学び、使えない学び、マズローが嫌い)

使える学び、使えない学び 「使わない・使えないものは学ぶ必要がない」っていう考え方は、「技能はその技能を習得しさえすれば十分に使える」という物凄く誤った前提に立ってるように思う— t.obonai (@twobonai) May 18, 2016 技能ってのは要素でしかない。…

単独ライブのフライヤー!

7月の単独ライブのお知らせ

告知です。 7月2日(土曜日)神戸三宮、北野ハッピーローラにて カフカ第二回単独ライブ「白いカフカ 軽率24時」 18:30 開場19:30 開演¥1000(ドリンク別) 漫才・コント合計10本程度やるネタライブです。どうぞお越しください。 お問い合わせやチケット…

「逆張り」に逆張り

哲学においても科学においても、「正しさ」をどう扱うかについては多くの議論があります。どんな「正しさ」も暫定的に正しいだけであり、修正や補足を必要とするものである、とする真理観が現代においては支配的なのではないでしょうか。 僕自身、「正しさ」…

最近思ったことまとめ(HIS東大美女キャンペーンの炎上、ピンと来ない記事、遡及的に褒めるな、勉強出来過ぎて教えるのが下手?、熊本地震への対応、場所とかスペースとか)

HISの東大美女キャンペーンに関連して HISの「東大美女が隣に座ってくれる」キャンペーン 「セクハラ」批判受け即日中止に(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース https://t.co/o9TLXvzYjF #Yahooニュース— t.obonai (@twobonai) May 12, 2016 ・性労働を下に見る…

ロングパスな社会的善

野球かサッカーかでいえば、僕は野球派の人間です。それでも、いざサッカーの試合を見るとなると興奮を覚えます。 流れるようなプレーの連続の中。幾重にも張り巡らされた戦術の伏線。あるとき、ふいにスイッチが押され、勝負所での挑戦的なプレーへ。スポー…

読書をめぐる「教養」「成り上がり」「挫折」

「教養」 「教養」は衰退した、滅びたと言われる。「教養人」は少ないと言われる。今の若者はものを知らないと言われる。 じっさい、京都大学の学生でも、ウィトゲンシュタインの名を知らない人なんていくらでもいるし、カナダの国旗が分からない人だってい…

Taiki Obonai 2014-